白内障の種類・症状

こんな症状があれば白内障かもしれません

手術後はきれいに

白内障とは、瞳の奥にある水晶体(眼の中では、ピントを合わせるレンズの役目をする部分)が濁る病気です。水晶体の濁りが、眼の奧に光が入るのを邪魔して、見えにくくなる原因となります。白内障の中で最も多いのは加齢による白内障です。特別な原因がなくても、白髪や皮膚のシワなどと同様に、年齢とともに誰にでも起こります。濁りの程度は別にして、50歳代で37~54%、60歳代で63~66%、70歳代で84~97%、80歳以上ではすべての人に何らかの白内障が認められます。このため、水晶体の白濁そのものは、病気ではなく、皮膚のシミや皺などと同じく老化の一環であるという考え方もあります。